株板あぷろだの管理人がつづるメモです。
「人の行く 裏に道あり 花の山 いずれを行くも 散らぬ間に行け」
 
<< 福田内閣発足 | main | 日経平均17000割れ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |
日経平均17000越え
ダウが14000を突破し史上最高値更新を受けて日経平均はGUヨコヨコで17000を越えました。安心感が市場に広がってます。
ニュースは南北朝鮮首脳会談、シティが日興コーデを買収、年金実質納付率49%などでした。

日経平均 17,046.78 +200.82
TOPIX 1,639.79 +23.90
ドル円 115.73 +0.05

東証大引け・続伸――約2カ月ぶり1万7000円台回復
 2日の東京株式市場で日経平均株価は続伸。大引けは前日比200円82銭(1.19%)高の1万7046円78銭だった。終値で1万7000円台を回復したのは8月9日以来、約2カ月ぶり。1日の米株式市場でダウ工業株30種平均が過去最高値を更新したことや、外国為替市場で円相場が下落して始まったことが買い安心感となり、朝方はほぼ全面高となった。その後は買い材料に乏しく、高値警戒感から利益確定や戻り待ちの売りが膨らみ、一時は1万7000円を割り込む場面もあった。東証株価指数(TOPIX)は反発。朝高後は高値圏でのもみ合いが続いた。
 米株大幅高を受けて金融株が堅調だったほか、外国人投資家のリスク許容度が再び高まったことで不動産株が上昇した。午後に入ってからはアジアの主要株価指数が堅調だったことから、市場では「日本株の出遅れを意識した買いが入った」(国内証券)との見方も出ていた。業種別TOPIX(全33業種)は石油石炭製品、ゴム製品、食料品の3業種を除きすべて上昇した。
 東証1部の売買代金は概算で2兆5070億円。売買高は同20億2857万株で、3営業日ぶりに20億株台を回復した。値上がり銘柄数は1313、値下がりは337、変わらずは67だった。

米国株大幅反発、ダウ191ドル高で過去最高値――シティ減益見通しも
 1日の米株式相場は大幅反発。ダウ工業株30種平均は前週末比191ドル92セント高の1万4087ドル55セントと、7月19日に付けた1万4000ドル41セントを上回り、約2カ月半ぶりに過去最高値を付けた。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は同39.49ポイント高の2740.99と、2001年2月1日以来の高値で終えた。米銀最大手シティグループが7―9月期の減益見通しを発表したが、10―12月期には金融機関の業績が回復に向かうとの期待につながり買いが入った。
 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は午後4時までの通常取引(速報)で約14億2100万株。ナスダック市場(同)は約20億600万株。
- | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
- | - | - |
この記事に関するコメント
日頃から、「株板あぷろだ」非常に楽しませてもらったいます。
相場を張る者にとっては
ここ以上居心地の良い
あぷろだは他にないなぁ、とまで思うほどです。

さて、しかしながら
最近、どうも個人的に腑に落ちない事が多く
少し疑問を問いかけてみることをお許しください・・。
昨夜、小渕元首相に関するレスやニコラ・ステラに関するレスを投稿したのですが何故か削除されております。
当方、まるで理由がわからず非常に困惑しております。
もしよろしければ、その理由など聞かせていただければ幸いです。
(確かに一般的な意見からすればトンデモ系の意見かもしらませんが、それなりに真剣に考えた投稿したつもりなのですが・・ 
やはり、メジャーな意見に反する見解はまずいのでしょうか・・)
| 日本を救いたい! | 2007/10/05 8:36 PM |
どうもです。陰謀論とか某国の工作とかそういうのは電波さんを引きつけて荒れてしまうので削除しました。GSの嵌め込み論とかならマーケットに関係あるしまだ面白くていいんですけどね・・・
| zaraba | 2007/10/06 8:45 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zaraba.jugem.jp/trackback/132
トラックバック
日経平均 2カ月ぶり1万7000円台
2日の東京市場は、米ダウ平均が史上最高値を更新したことを受け、株高・債券安の展開。海外勢が出遅れ感の強い金融関連株を買っており、日経平均株価は8月9日以来の1万7000円回復となった。一方、長期金利は1.7%に乗せた。 世界的に株価が堅調になってきて
| 時事ねたブログのまとめサイト! | 2007/10/03 12:44 AM |