株板あぷろだの管理人がつづるメモです。
「人の行く 裏に道あり 花の山 いずれを行くも 散らぬ間に行け」
 
<< 日経平均17000越え | main | 日経平均17000越え >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |
日経平均17000割れ
日経平均が17000を割りました。サブプライムローン問題に続き、トルコのクルド攻撃懸念で原油先物相場が一時1バレル88ドル台に上昇し、連日で最高値を更新。金先物も760台で高値。8月対米証券投資の売り越し額、過去最高の1630億ドルでアメリカから資金流出。インド議会が外国人投資家のインド株購入を制限する法律を提出。

日経平均 16,955.31 -182.61
TOPIX 1,600.29 -24.96
ドル円 116.50 -0.26
日経平均続落、182円安の1万6955円
 17日の東京株式市場で日経平均株価は続落。終値は前日比182円61銭(1.07%)安の1万6955円31銭で、終値ベースで1日以来、約2週間ぶりに1万7000円を割り込んだ。前日16日の米株式相場が続落したこともあり、米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題の再燃を受けた外国人売りがきょうも継続。幅広い銘柄が売られ、朝方から安い水準での推移が続いた。東証株価指数(TOPIX)は大幅に続落。日経平均をTOPIXで除したNT倍率(大引け時点)は10.59倍と、2002年5月20日(10.61倍)以来の高水準を付けた。
 信用収縮懸念から、外国人投資家はリスク資産の圧縮を急いでいるとみられ、前日に続いて大手銀行やその他金融、証券など金融株が大きく下落した。海外ファンドの決算対策の売りなども出ていたといい、鉄鋼や海運、建機など好業績期待の強い銘柄も利益確定や換金売りに押された。半面、前日に米ヤフーやインテルが好業績を発表したことが支えになり、ハイテク株の一角が逆行高となった。

- | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
- | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zaraba.jugem.jp/trackback/133
トラックバック