株板あぷろだの管理人がつづるメモです。
「人の行く 裏に道あり 花の山 いずれを行くも 散らぬ間に行け」
 
<< 日銀0.25%利上げ | main | 日経平均一時-737の大暴落・18000割れ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - |
日経平均18000・TOPIX1800越え
日経平均が18000を越えました。2000年5月以来。
TOPIXも1800越え。1991年11月以来、15年ぶり。
利上げで円高に振れずに円安になったことで、日本株に割安感が出て株高になってるようです。

日経平均 18,108.79 +195.58
TOPIX 1,802.90 +15.67
ドル円 121.02 +0.10

日経平均、1万8000円台を回復・6年9カ月ぶりの高値
 22日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに反発。終値は前日比195円58銭(1.09%)高の1万8108円79銭と、1万8000円台を回復した。2000年5月8日以来、6年9カ月ぶりの高値水準。前日に日銀が利上げを決めたことで不透明感が後退。当面、追加利上げは見込みにくいとして買いが膨らんだ。円相場の軟調な地合いが日本株を下支えした。東証株価指数(TOPIX)は4日続伸。終値は1802.90で、1991年11月15日以来、約15年3カ月ぶりに1800台を回復した。
 利上げに伴う「円高・ドル安」が回避されたことで買い安心感が広がった。円相場は一時1ドル=121円台に下落。低金利の円で資金を調達し、外貨のほか商品など幅広い資産で運用する「円キャリートレード」が続き、これまでの資金の流れに変化はないとの声があった。また、利上げ自体も正常な経済環境に戻ってきた証しとの指摘もあり、株式相場にとっては前向きに評価された面もある
 東証1部の売買代金は概算で3兆3768億円で、売買高は29億9371万株。値上がり銘柄数は1234、値下がりは376、変わらずは106銘柄だった。
- | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
- | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zaraba.jugem.jp/trackback/96
トラックバック
18188円で週末を終える・・・一段と勢力高
22日には2000年5月8日以来約6年9カ月ぶりに18000円の大台に乗せ、さらに本日最高値を更新し、18188円にて週を終えた。
| 株式市場放送局 株式市場の情報をキャッチ | 2007/02/23 10:10 PM |